今から買うならどれ?Honor 9XとUMIDIGI F1とiPhoneSE実機買ってきてガチの大検証!

2020年2月18日

どうもこんにちは、Webライターのセツナです。今回は、「iPhone SEはまだ現役で使えるのか?」という素朴な疑問をお持ちの方がいるかと思いますので、実際に実機買ってきました!というわけで実機レビューをしていこうと思います。iPhoneSEといえば2016年に発売開始こそされたものの、中身は1年前に発売されたiPhone6sとほぼ同じ。つまり、性能としては2015年のものになります。さて、本当に今、そんな古いスマホが実用に耐えうる性能を持っているのでしょうか?実機を用いて実際に検証していきたいと思います。

今回比較に使用するスマホは、海外機種ですが性能が良く、とても値段的にも出しやすいHuawei最強とも言われるコスパスマホHonor 9xとAmazonのスマホランキングでもいろいろなスマホがありながら上位で健闘しているUMIDIGI F1を使用していきます(両機種とも自費購入、1ヶ月以上の使用後のレビューです)。

購入時の価格

・Honor 9x;23500円(購入当時、現在も大きくは変わらず)

・UMIDIGI F1;19837円(購入当時、現在はほんの少しではあるが値段変動あり)

です。購入時期に差が若干ありますが、後継機種が発表された後でもUMIDIGI F1の新品の値段としてはそこまで下がっていないように見えます(それだけブランド力があると言うことでしょうか?)。しかし、その値段面で対抗してくるのがiPhoneSE。iPhoneというブランドを持ちながら、今市場に出回っているiPhone SEの相場価格は中古とはいえ1万円前後です(32GB)。また、ごくまれに新品商品としてオークションやフリマなどで新品が出品されることがありますが、それですら平均が25000円前後。iPhoneSEは、製造終了してから中古相場の値段が上がりましたが、それでも元値が安かったため値段に収まっているのでかなり価格面で見た時の選択肢としては優秀かと思います。

CPU性能

Honor 9x;Kilin810(グローバル版はKilin700番台)

UMIDIGI F1;HelioP60

と、Honor 9xの方はそこそこの性能を有していますが、ゲーム機にするとなるとKilinやHelioは足元にも及ばないほどやはりSnapdragonが強く、やはり力不足感が否めません。実際ベンチマークテストでもかなり大きく離されてしまっているような感じがします。ただ、Snapdragon搭載機種が高いところを見ると(Lenovo Z5Proは色々おかしいのでそれはさておき)値段もリーズナブルで実用十分な性能を有しているこの二機種は有能かなと思います。そこでiPhoneSEの比較をしてみますが、iPhoneSEが搭載しているのはA9チップという少しまえ(もちろん少し前に発売された機種ですので)のCPUを搭載しています。しかし、これだけ見ると若干性能に不安があるのかなと思われる方もいるかもしれません。

 しかし実際はそんなことはなく、Honor 9xとUMIDIGI F1は発売時点でミドルレンジなのに対して、A9チップは発売当時はかなり高性能な部類に入るので、今では若干やKilin810より低いものの、UMIDIGI F1よりはベンチマーク上での性能は良く(単純に数値だけで比較することができないのであれですが)、実際実機を使っていてもiPhone SEの方が圧倒的に快適に感じました。個人的にベンチマークスコアよりも、実際使ってみてどう感じるかの方が大切だと思っているのですが、Macを使ってなかったとしても万人にお勧めできる機種の一つかなと思います。また、ゲーム性能としてよく見られるGPUも結構優秀で、未だにゲーム目的でも購入するときにはいい選択肢でしょう。

閑話休題:画面サイズ

少し箸休め的な感じで、画面サイズの比較も加えてみようと思います。こちらは個人の好みと言った面が強く、どのサイズがいいというのは正直実際使ってみて自分がどうかによると思うので、これは好きなサイズを選んでいただけたらいいかなと思いますが、Honor9xは全画面6.6インチ、UMIDIGI F1は水滴型ノッチ付き6.29インチであるのに対して、iPhoneSEは4インチとかなり小柄。個人的に小さいサイズのスマホの方が好みなので、個人的な観点からiPhoneSEが好きです(ただし、筐体の角の加工がSEはマット加工であるのに対してiPhone 5sが鏡面加工なのでどちらかというとデザイン的にはiPhone 5sの方が好きですww)

Android機種にはこう言ったiPhone SEのような小柄なスマホが少ないので、iPhoneSEのサイズのスマホがもっとたくさん出てくれれば個人的には嬉しいなと思っています。ただ、大画面スマホの利点の一つとして、絶対的な面積が広いので動画視聴や老眼などの人にはもってこいだったりもするので、このサイズのスマホをなくすまでもないかなと思っています。

メモリ容量

今度はメモリですが、こちらはiPhoneSEが2GBと少ないですが、Honor 9xとUMIDIGI F1は4GB搭載しているので、必然的に動画編集や画像編集など単一ファイルサイズが大きいアプリケーションや、メモリを多く使うアプリケーションでも快適に使えると思います。しかし、後継機種であるiPhone 8やiPhone Xのメモリも2GBしか搭載されていないのを見ると、iPhoneにメモリは2GBあれば十分なのかなとも思います。また、UMIDIGI F1ですが、F1の方はAndroidのスマホに対する最適化が行われていないため、実際使用できるメモリ容量としてはHonor 9xの方が最適化も十分にされているので多いです。ただいずれにせよ全て機械なので定期的に再起動しないとメモリ上にジャンクファイルが残ってしまったままとなるので、定期的な再起動は必要になると実際使ってても思いました。

ストレージ容量、カメラ性能

 最後にストレージとカメラ性能ですが、ストレージは圧倒的な差があります。iPhone SEは16GB,32GB,64GB,128GBと豊富なストレージ容量のラインナップを展開しているのに対し、Honor 9xは64GBモデルと128GBモデル、UMIDIGI F1は128GBモデルしかありません。また、カメラ性能ですが、iPhone SEは12MPしか無いですが、UMIDIGI F1はデュアルカメラ16MP、Honor 9xはデュアルカメラかつ48MPもの圧倒的なカメラ性能を持っています。しかし、これだけ見るとHonor 9xが一番優れているように見えますが、録画にすると一転して、iPhone SEが4K 30fpsの撮影に対応していて、かつFullHD 60fpsで撮影できるのに対して、UMIDIGI F1、Honor 9xとともにFullHD 60fpsまでしか対応していないのでその点はiPhone SEが若干有利であるかなと思います。ただ、30fpsとはいえ4Kですので、64GBモデルや128GBモデルならまだしもiPhone SEで4K動画撮影をするときにはくれぐれも空き容量に注意してください。

また、写真の好みというのもありますので、実際撮った写真を貼っておきます。色味などはこれで比較するといいのかも?

Honor 9Xはこんな感じ

画像

UMIDIGI F1はこんな感じ

画像

カメラという観点ではUMIDIGI F1はかなりコントラストがはっきりしているというのが主な印象です。逆にHonor 9XはコントラストはUMIDIGI F1ほどははっきりしていないものの、全体的に明るい感じに撮れるかなという感じです。

と言うわけで、結論。

一般的な使用であればiPhone SEでも必要十分な性能を持っている。しかし、画面サイズやOSなどの好みから、iPhone SEだけが良いとは断言できず、また、スマホは新品がいいと言う人にはどちらかと言うこ今回比較した機種の方をお勧めする、と言った感じでしょうか。私は個人的な好みとしてiPhone SEのサイズが好きなのでiPhone SEをお勧めしたいところですが、小さい字が読みにくいので画面サイズが欲しい!と言った人や、結構YouTubeやniconico動画で動画を見る!と言う人にはHonor 9xをお勧めします。

余談:なんでUMIDIGI F1をお勧めしないの?

これは単純に個人的な意見としてUMIDIGIというメーカーがイマイチだな(あまりいい噂とかもない)と思っているのと、インカメラが水滴型ノッチなので動画視聴にはあまり向かないこと、Honor 9xのコストパフォーマンスがあまりにも高すぎてUMIDIGI F1を選ぶ理由がない、と言ったところが挙げられます。また、ピュアなAndroidなので、改造という面ではかなり優秀なのかもしれませんが、逆に言えばピュアすぎて機種に最適化がされておらず、結果スペック面で若干劣っているかなと思います。まぁでもUMIDIGI F1は割と値段の割りにカメラが優れていますので、写真の風味によっては好みもありますのでいい選択肢になりうる場合があります。ただ、正直スマホについてはOSなどのこともありますので、個人の好みに合わせるべきかなと思っているというのもありますので、はっきりと断言はしませんが、個人的には「iOS使うならiPhone SE一択、Android端末を使いたいならHonor 9Xの方が無難」と思います。

ただ、このスマホは海外機種ですので、購入する際には気をつけたほうがいいなと言う観点からUMIDIGIを選ぶ、といったような選択もありかとは思いますので用途によって考えるといいかもしれませんね。